当サイトでは中国の自動車産業の最新動向、中国政府の最新政策情報などを紹介します。
2022年中国自動車産業の技術トレンド

2022年中国自動車産業の技術トレンド

ここ数年間、中国の自動車産業は「CASE」を中心に、これら革新的な技術が車両での採用が大幅に進められています。また、カーボンナチュラルに向かって、自動車産業とエネ、交通、情報通信など産業との整合及び協調性は欠かせなくなりました。

2022年中国のスマートカー業界はどう進んでいくのでしょうか。1019日、中国自動車工程学会が主催した省エネと新エネ自動車技術路線図報告会が上海で展開されました。ここではその報告会で発表された2022年度中国自動車業界の10点の技術トレンドをご紹介いたします。

1.高計算能力のチップが登場、バッテリーのエネルギー密度は穏やかに向上する見込みである。

1)100TOPS以上の車両グレードチップが量産を実現し、車両に装着

高計算能力の車両グレードチップはハイレベル自動運転自動車“脳部”のコア部品でございます。2022年ローカル製車両グレードチップのシングルチップ計算能力は100TOPSを超える見込みであり、量産車にも装着する予定があるそうです。これはハイレベル自動運転車の量産に計算能力の土台にもなるはずです。

 

2)三代目セミコンモータコントローラが複数の自動車メーカーで量産での採用を実現

三代目セミコンのモータコントローラは電気駆動システムが効率よく、ハイスピード、高密度化できることを実現する重要な部品です。2022年複数の自動車メーカーでは三代目セミコンダクトモーターコントローラを量産に採用する予定であり、その使用量は60万台に上る見込みであるそうです。

 

3)セキュリティ技術向上により300Wh/kg高性能パワトレ―ンバッテリーが車両への装着を促進

高性能のパワトレ―ンバッテリーは電動車の航続距離を向上するうえで重要なテクニックであり、パワトレ―ンバッテリーシステムのセキュリティ技術は高性能パワトレ―ンバッテリーが車両に装着できる前提です。2022年パワトレ―ンバッテリーのセキュリティ技術が向上するに伴って、300Wh/㎏パワトレ―ンバッテリーが高級車先行で搭載されることになります。

 

4)ライフサイクルが長い燃料電池システムは商用車領域で数多い活用を実現

ライフサイクルは燃料電池システムが長距離輸送を実現する基本要素でございます。2022年、政府の燃料電池示範政策をもとに、寿命が10000時間を超える燃料電池システムは物流、長距離輸送、港、鉱山、長距離旅客輸送など長距離重荷領域の幅広い面で活用されるでしょう。

 

5)専用プラットフォームをベースにしたBEV車の市場シェアが65%を超える見込みである。

 “スクータ式”を採用したBEV車専用のプラットフォームは、パワトレ―ンバッテリー、車体、シャシーの一体化に優しいです。2022年BEV専用のプラットフォームはローカルブランドで幅広く採用される予定で、乗用車でのシェアが65%を超える見込みです。

 

6)国産の高性能BEV車は800V電圧のプラットフォームをもっとたくさん採用がち

重要な電動化部品が800V高圧技術を乗り越えることで、車両全体の効率がアップし、また大効率の充電技術との組み合わせにより極速な充電が可能になりました。2022年はBYD、東風VOYAH、長安、広汽など800V高圧のプラットフォームに基づいた車両の量産が期待されます。

 

7)スマート熱管理技術が新エネ車の低温適応性を大幅に向上

スマート熱管理技術は新エネ車が低温環境で運転を実現するうえで重要な技術です。2022年にはこの技術が新エネ車で採用され、‐30℃環境下での活用をサポートする見込みです。

 

8)ドメインコントローラはシングルドメインコントロールからクロスドメインフューションフォームへのトランジション技術を実現

ドメインコントローラは車両がスマート化、コネクテッドを実現するうえで重要な媒体でございます。2022年、ドメインコントロール部品がシングルドメインコントロールからクロスドメインフューションフォームへトランジションすることにより、ハードウェア、ソフトウェア、機能の間の整合性と車内電子電機構造の複雑度をさらに低減し、スマートコネクテッド自動車産業のサプライヤチェーンを補充します。

 

9)車両情報セキュリティ技術はボーダー制御からイニシアティブセイフティ縦深軸の制御システムに一躍

車両の情報セキュリティは個人、社会及び国家のセイフティにも関わり、車両情報セキュリティ技術は車両安全免疫力を構築するうえで欠かせないものです。2022年には車両情報セキュリティ技術がボード制御からイニシアティブセイフティ縦深軸の制御システムに一躍し、危険を事前に感知し、ダイナミックにフィードバックすることで、車両に効率かつ安全なガードを提供します。

  

10)DHTハイブリッドシステムの搭載規模が倍増に

DHT駆動技術はHEVPHEVに適用し、乗用車が省エネ炭素排出削減を実現するうえで重要な技術であります。2022年、復社の自動車メーカーで開発しているDHTハイブリッドシステム研究成果が実際に運用されることになります。2022年は数多いハイブリッド車種が発売する予定で、凡そ150万台にDHTハイブリッドシステムが搭載される見込みです。

 

2.エネルギー転換と交通輸送過程での炭素排出割合は全体の半分以上、企業は炭素排出低減の目標を作成

清華大学教授の李氏の指摘によると、わが国のカーボン指標達成の状況は大変厳しいそうです。エネルギー製造転換と交通輸送過程で発生する二酸化炭素の排出量は各全体の47%と7%を占め、第一と第三の炭素排出源になります。わが国の輸送装備のカーボンピーク・カーボンナチュラルの目標を達成するために、あるべきエネルギー仕組みとしては水素エネ、電力、アンモニアエネ、天然ガス及びe-fuelなどのゼロ炭素または低炭素燃料でなければなりません。

  

3.低炭素交通への運用を速やかに展開

カーボンピークとカーボンナチュラルの目標は議論の余地もなく、業界全体のエコロジーに大きく影響するはずです。いかに実現するか、これは大変難しい課題でございます。

デュアルカーボンの実現はスマートコネクテッドの技術と切り離すことができません。

注目されるスマートコネクテッド技術のイノベーションについて、清華大学教授李氏の話によると、スマートコネクテッド技術革新の一例としてシューパーAI+MLICVの整合により、マシン学習を中心としたシステムを建設し、自動運転を“AI+MLが解決できる問題”に再定義することを挙げています。

同時にもっと安全なスマートコネクテッドした自動車を作り上げるためには、自動運転と自動監査の整合を進めることを提案しました。李氏は高級スマートコネクテッド自動車が頻繫に発生する自動運転の事故からも分かるように、予想機能の安全問題がもたらした自動運転の安全性はICV integrity check value情報安全の完全性検査)が市場化される運命を決めていると予測しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。