当サイトでは中国の自動車産業の最新動向、中国政府の最新政策情報などを紹介します。
中国新エネ車業界月報(8月)

中国新エネ車業界月報(8月)

中国乗用車連合会の中国新エネ車業界8月月報がリリースされましたので、サマリーを共用させていただきます。

一、新エネ車マーケットの全体状況

●8月、BEVの販売台数は17.8万台で、同期比+135.8%、前月比+4.5%。PHEVの販売台数は約5.2万台で、同期比+193.5%、前月比+12.6%。

●2021年新エネ車の販売台数は合計144.86万台で、同期に比べて+194.9%。

二、メーカー別販売台数ランキング

1、BEV車マーケット

●8月BEV車マーケットでは、TOP10メーカーの販売台数が全体の72.9%市場シェアを占め、一位にランキングしている上汽通用WULINGの販売台数は34,763台、二位BYDの販売台数26,144台、三位長城自動車の販売台数は13,129台である。X-PENGの販売台数は6,945台、NIOの販売台数は6,476台で、別々に第9位と第10位にランキングしている。

●2021年販売台数順位には大きな変動がなく、上汽通用WULINGが圧倒的な格差で第一位のランキングをキープしている。

三、地域別販売台数

1、TOP10都市新エネ車市場状況ー上海、北京
●上海市8月新エネ車販売台数は14,225台で、RX5ePLUSのランキングは前月の2位から1位にアップしている。主な変化点はQinPLUS EVで、そのランキングは前月に比べ49位上り10位になり、勢い成長を見せている。

●北京市8月新エネ車販売台数は13,367台で、EU5がいい売れ行きになり、相変わらず1位にランキングしている。
QinPLUS EVのランキングは前月に比べ7位上り2位になっている。反面、北京市場に進出したばかりのアルファTは8位にランキングしている。

2、TOP10都市新エネ車市場状況ー深セン、広州
●深セン市8月新エネ車販売台数は10,957台で、AionSが相変わらず1位にランキングしている。
QinPLUS EVのランキングは前月に比べ83位上り9位に位置付けている。
●広州市8月新エネ車販売台数は9,842台で、AionSが相変わらず1位にランキングしている。
QinPLUS DM‐iのランキングは前月に比べ16位上り4位に位置付けている。

3、TOP10都市新エネ車市場状況ー杭州、天津

●杭州市8月新エネ車販売台数は7,888台で、NIOワン, 宏光MINI EVとP7がTOP3にランキングしている。

●天津市8月新エネ車販売台数は7,819台で、QinPLUS DM‐iが相変わらず1位であり、NEW Emgrandのランキングは前月に比べ12位上り4位に位置付けている。

4、TOP10都市新エネ車市場状況ー成都、重慶

●成都市8月新エネ車販売台数は7,040台で、風神E70が二順位位上りランキング一位、QinPLUS EVのランキングは前月に比べ83位上り8位にランキングしている。

●重慶市8月新エネ車販売台数は6,204台で、QinPLUS DM‐i、NIOワン, 宏光MINI EVがランキングTOP3になっている。  QinPLUS EVのランキングは大幅に上昇し、順位5番目になっている。

5、TOP10都市新エネ車市場状況ー鄭州、蘇州

●鄭州市8月新エネ車販売台数は4,936台で、NIOワン, ROWE Ei5と宏光MINI EVがランキングTOP3になっている。唐PHEVのランキングは19順位上昇し、7順位になっている。

●蘇州市8月新エネ車販売台数は4,085台で、宏光MINIEVが相変わらず1順位であり、ORA黒猫の順位が大幅に上昇し、2順位に位置付けている。

四、業界政策

工業と情報部:2021年第8弾新エネ車推薦名簿

9月10日工業と情報部がリリースした2021年第8弾新エネ車推薦名簿によると、合計244仕様の新エネ車が入選された。

その中2021製品技術要求に合っている新エネ車種は180仕様あり、その他の新エネ車種が64仕様ある。入選された新エネ乗用車は59車種である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。